うなぎパイファクトリー  −春華堂− Official HP
全国的に名前が知られている春華堂の「うなぎパイ」。その製造工程が見学できる人気の工場見学です。見学は以下の3ツのコースが用意されています。もちろんどの見学コースも無料でおみやげ付です。

@ファクトリーツアー
  ・うなぎパイの製造工程(仕込・仕上、焼き上げ、検品、包装、箱詰め)をコンシェルジュ(ガイドさん)がわかりやすく説明しながら工場を案内
  ・10:00〜16:00。毎時00分スタート。所要時間40分。
  ・定員 50名。要予約。
  ・不定休
Aスマイルツアー
  ・愉快なコンシェルジュが探偵に扮して、うなぎパイファクトリーの謎を明かしながら、うなぎパイが出来るまで説明。
  ・毎週土曜日開催 12:00,16:00スタート。所要時間40分。
  ・定員 30名。要予約。
B自由見学
  ・自分のペースで、館内を自由に見学できます。
  ・9:30〜17:30
  ・不定休

私たちが参加したのは@のファクトリーツアーです。@とBの違いはコンセルジュさんの説明とシアターホールの見学です。
 ※シアターホールは「うなぎパイの製作工程のビデオ上映」+工場担当社への質問コーナーが行われる場所です。

つまり工場見学だけであれば、予約なしでも問題ありません。でも、工場は不定休なので、おでかけする時は営業の確認をしますよね?だったら予約をとってファクトリーツアーをすることをおすすめします。

ただ結構予約は混んでいるので希望時間がないと面倒だし、予約とってしまうと時間指定なのが辛いですけど^^;

そしておすすめにもう一つ「うなぎパイカフェ」。うなぎパイを使ったオリジナルスイーツが楽しめます。ここでしか食べられないスイーツですよ♪



住所 浜松市西区大久保町748-51
浜松技術工業団地
営業時間 ツアー   9:30〜16:00
自由見学 9:30〜17:30
TEL 053-482-1765 (予約受付時間 9:00-17:00)
駐車場  無料駐車場あり 
[最終訪問日 13.04.05]
  受付の側でうなぎパイ限定「うなくんゲーム」を配信していたのですが。。。

いまどきガラケーのみのスマホ未対応。


う〜ん残念

「うなぎパイ」宣伝用トラックが工場の前にありました。

でもこれ本当に街を走っているのかなぁ?


移動カフェ うなくん号

イメージキャラクターうなくんのオブジェではなく、ちゃんとナンバープレートがある移動販売車。

この日は工場の前でスイーツ販売♪
うなくんアイスもなかバニラ 350円 ,ドリドナ(ドーナッツ)200円 ,元気100%みかんジュース400円 ,静岡茶冷茶150円 ,フレンチシフォン500円

うなくんアイスもなか・・・  バニラビーンズ入りで、なかなか脂肪分があるこってり感もありおいしい。
ドリドナ(ドーナッツ)・・・・ 生地はフワフワ、それに砂糖がけとシルバートッピングの歯応えと甘さが絶妙♪
フレンチシフォン・・・・・・・ フワフワシフォンのフレンチトーストです。
みかんジュース・・・・・・・  高いと思ったけど、めちゃめちゃミカンを絞った、これはもうみかん!。これはうまい。おすすめ!



受付
受付嬢に声をかけて工場見学の受付をしましょう。受付場所はすぐ横


工場直売店
一番奥がショップ。見学の前に買わなくても、見学コースの出口がショップになってます




フ  ァ  ク  ト  リ  ―  ツ  ア  ー

工場見学
ファクトリーツアーの見学記念「うなぎパイ」を頂きました。うなぎパイミニです(写真で3人分)




ファクトリーツアーのスタート
この奥が工場になっているのですが、ここの部分は企業秘密のため、仕込みの工程の説明とパネルを使い工場の様子をコンシェルジュ(ガイドさん)が説明してくれます。


左に工場の流れの絵を貼りました。
未公開エリアというのが右の写真の奥になります。

また絵には表示がありませんが、2階にシアタールームがあります。



コンシェルジュ
私たちの担当者♪定員は50名ですが、約15人くらいのチームに分かれを対応しています。



説明は右の写真のように、コンシェルジュさんが説明し、質問も受け付けています。



うなぎパイがどんどん焼き上がっていく様子は楽しいです。

下に動画もアップしたのでよかったら見てください。

それにしても、せっかく工場見学しているんだからできたら作りたてを食べてみたかったなぁ







2F

オートメーションでどんどん箱詰めされていく様子を見下ろす事ができます。



下に動画もアップしました。







うなくん

見学コースの横にまるで登り窯のような筒状のものがあり、そこにうなくんがうなぎパイの宣伝を一生懸命していましたよ♪


で、この登り窯みたいなツ筒状のものは中がホールになっているのです。

そして、そこに行けるのは予約者のみです。



シアターホール
うなぎパイを作る工程のビデオを見ることができます。

ビデオでは見学できなかったゾーンの説明ビデオもあるし、担当者にいろいろ質問することもできるんです。







さっきの「うなくん」が商品のPRをしていた裏がこの通路



夜のお菓子って意味深だったんですが、こういう意味なんですね。

よく味わうとガーリックがわかります♪


見学は巨大うなぎパイと記念写真を撮影して終了です。






う  な  ぎ  パ  イ  カ  フ  ェ

焼き立て、作りたて和菓子を食べることができます。

もちろん、どれも「うなぎパイ」をアレンジしたスイーツですよ。

欠点はちょっとお値段が・・・というところかな



左から
高級ブランデーの香る、最高級うなぎパイのデザート
 「うなぎパイV.S.O.Pのクリームサンド」 800円
季節により変わるデザート。冬はイチゴの「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」 650円 夏はマンゴー、秋は栗です
うなぎパイをホワイトチョコレートで包んだ、とけるような食感が特徴の
「うなぎパイのテリーヌ」700円


左から
炭火焼き団子5本 500円,うなくんプレート 500円,和風蒸しパン 680円,三ヶ日みかん・あんみつ 680円,あんみつ650円
  



ファクトリー内のてすりは、うなぎの形をしたてすりになっています。


地味なので気が付かない人も・・・


かわいいので絶対チェックしてくださいね
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO