菓子屋横丁

「菓子屋横丁」の歴史は、明治時代頃からと言われ、関東大震災の後、東京に代わって、製造・供給を賄い、当時は70軒以上の業者があったすです。今は十数軒だけになっていますが、近年の駄菓子ブームに乗ったこともあり、土日はとっても混雑するほど人気があります。

駄菓子だけかと思ったのですが、ハッカ飴、団子、せんべい、羊羹、たいやきなど懐かしいものばかり。特に浅漬けのきゅうり丸ごと1本を食べながら歩いている人がいてビックリしました。こざる家のおすすめは「たいやき」と「やきいもコーヒー」これはほんと〜に美味しいです。

駄菓子の種類が思ったより少なかったのが残念ですが、川越の古い町並みを楽しめます。川越にお出かけした時はぜひ寄ってみてください。川越からバス(小江戸巡回バス)がありますよ


どうせなら、日本中の駄菓子を扱うお店が欲しいですね
チョコたいやきがとってもおいしかった
やきいもコーヒーは香りが良くておすすめ
住所 川越市元町2丁目
問い合わせ 経済部 観光課 観光推進担当
049-224-8811
駐車場 公共駐車場、民間駐車場有
15分100円が相場です
[最終訪問日 06.09.30]


駐車場を探して10分くらい彷徨いました(@_@;)
時の鐘の側に駐車場がありました
公共の駐車場はもちろん満車。TIMES24が奇跡的に空いていました(^○^)
民間駐車場が見つけにくい理由がこれ。景観に合わせた看板なので、目立たないのです(×_×;)

菓子屋横丁に行く途中の小路で昔の人力車を発見
案内板も風情ありますよね
昔懐かしアイスキャンディー屋さんと小路で出会いました
人力車に乗ることもできます

菓子屋横丁へやっと着きました。時の鐘から300mくらいかな?
まるで江戸時代にタイムスリップしたみたいです
「菓匠 かとう」
「伝統組,あめ 玉力」

「お休み処 田中屋」 駄菓子がたくさんあるお店
「お休み処 小江戸茶屋」 
栓抜きがある自動販売機って今では見ることないよね

「むぎ棒,あめ 松本」
「民芸品,あめ 吉岡」 大きな黒糖のふがしはこの菓子屋横丁の象徴かも(^^;
「ハッカ玉 松陸」 右の写真はお土産に買った芋羊羹とやきいもコーヒー。やきいもコーヒーはあまい香りがたまらないです

「お茶,コーヒー 花音」
サツマイモの粉をつなぎに使った蕎麦はいかが?
浅漬けの串胡瓜150円。これを食べながら歩いている人がいるのです
「手焼割もちせんべい 雷神堂」わざと割って味を中まで染み込ませた食べ歩きせんべいは250円。薄味が好きなおおざるにはちょっとしょっぱく感じました

「たいやき」かわしま屋
皮がパリッとしてメチャおいしい。つぶあん、カスタードクリーム、チョコ、紫芋あん、胡麻あん、チーズはどれも100円
「芋まん,芋大福」 室岡
「かるめ焼き」 吉仁
「ベーカリー」 楽楽
これは菓子屋横丁と関係ありませんf(^^;)。菓子屋横丁入り口にあって、綺麗な建物だったのでおまけです
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO