諏訪湖間欠泉センター

2004年末「すわっこらんど」のオープンと入れ替わりに屋内プールは閉館しました。
(間欠泉と展望台はそのまま営業してます)。


諏訪湖間欠泉は世界有数、日本一の規模を誇る間欠泉です。その温水を使って(?)、温水の屋外・屋内プールと足湯があります。屋外プールはすぐ横に間欠泉があって、間欠泉が吹き上げる瞬間をプールに入りながら見ることができます。でも、観光客からまる見えなので、女性は気になって屋外プールはちょっと嫌かもしれませんね。また、間欠泉は熱湯なので、噴出口の側で遊んでいるととっても危険です。お子さんには十分気をつけてね。

屋内プールは子供プール、ジャグジー、寝湯、約20mの長さがあるプールの4つがあります。ここの特徴はなにしろ水が温かいこと。普通の温水プールは31〜32度だと思いますが、ここのプールはぬるめの温泉なみに暖かいのです。この特徴は良し悪しの判断が微妙で。。。ちょっと遊ぶにはいいのですが、長時間は熱くなってしまって泳ぐのが辛くなります。しかも、温泉なので出た後も体がポカポカするんですよ。夏は厳しいけど、冬はいいかもしれませんね。


温水プールではなく、温泉プール。ちょっと熱すぎです
したからおゆがでてくる「かんけつせん」がたのしかった☆彡
恥ずかしくて屋外プールに出られませんでした
住所 〒392-0027 長野県諏訪市湖岸通り2丁目
TEL 0266-52-8282
営業時間 4月〜10月  8:30〜18:00
11月〜3月  9:00〜17:00
入場料 大人(16歳以上)510円,小人(4歳以上)300円
駐車場 無料
[最終訪問日 04.4.21]


入館料を払わないと柵の外からの見学になります。入場料がプール料金込みというのは観光客にとってはマイナス?

チケット売り場。お土産屋さんだけの利用もOK

鍵がないアバウトなロッカーです。貴重品は外に鍵つきロッカーがあります

露天風呂に見えます?一応プールなんです。でも、40度くらいあるので、とても長く泳げません。しかも、観光客の視線が気になります(~_~)


屋外プールからの景色です。間欠泉が吹き上げる時間になると観光客はチェーンの外から見学しています。入場料を払わないと、ベンチの外の道路からになるので、やっぱり入場料を払ったほうが。。。ね?


日本一の間欠泉。でも、これって本当に自然なの?噴出口って、おもいっきり人工だよね。しかも、だいたい1時間おきだし

一回の噴出量720g。温度120度。深度850m。そして、高さ50mは世界有数、日本一の規模の間欠泉です。ちなみに屋外プール入っている人は近づくと危険なので気をつけてね


屋内プールは子供用が一つ、大きなプールが一つです。大きなプールは4つに別れています。一番左の写真:熱すぎて入れない温水プール(温泉ならわかるけどプールが熱すぎて入れないなんて(笑))。中央左:寝湯(プールに寝湯?)。中央右:ジャグジー。右:20mくらいあるプールです。深さは1.1mあります。ここが一番ぬるいけど、それでも36度くらいありそう。。。なので、長く泳いでいると熱いです。しかも温泉なのでポッカポカです


打たせ湯なのかな。故障中です

子供用プールです。短い滑り台はとても滑りが悪いです。滑り台の裏から温泉が湧いていて、それが滝のように流れてくるのにビックリです

屋内プール内全景。とっても横長のプールですね。(空いていたためか)監視員はいませんでした。(チケット売り場から丸見えですが)

自動販売機はロッカーの外にあります。軽食は3Fにあるけど、休憩室はありませんでした


間欠泉センターに隣接して足湯があります。うれしいことに無料の施設です

湖をみながらのんびり足湯に入るのは贅沢かもね。日没を見ようと待っているおじいさんもいました

これは水遊び場。きも〜ちだけど、右からお湯が出ているので暖かいです

自然浴さんぽ路。甘くみてはだめです。おおざるも妻も痛くて歩けませんでした


これがその理由。写真だとわかりにくいけど、本当に痛いよ〜(T_T)

湖畔はつい散歩したくなるほど整備されていました

間欠泉センターの二階はオルゴール展示室になっています

そんなこと言って悪いけど、無駄に広いです


オルゴールのジュークボックス。ボタンを押すと演奏が始まります

諏訪湖のおいたち、温泉について、諏訪湖の民話等、諏訪にまつわる展示があります

3Fはおみやげと軽食コーナーがあります

3Fからの諏訪湖を眺めてみました
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO