利根川公園
増穂町を流れる利根川沿いに整備された細長い小さな公園です。遊具はちょっと大きめなアスレチックと座った中央のハンドルを回すとまるでコーヒーカップのようにグルグル回る新幹線型の回る遊具が新鮮です。

道を挟んだところには昭和37年まで走っていたボロ電が展示されています。中に入ることはできませんが、お爺さんやお婆さんと一緒にお出掛けしたら、きっと懐かしく思うのでしょうね。細長い公園を更に西に歩いていくと木でできたアスレチックがあります。そんなに古くないのに下はシロツメクサでいっぱい!これはこれでクローバーの上に寝転んだりできて楽しいけど、ここに遊びに来る子はいないということですね。不思議です


近所の公園なら充分かな
ぐるぐるまわるのがたのしかったよ♪
小さい子でも安全に遊べそうだね
住所 富士川町小林1778
駐車場
トイレ
自動販売機
売店
[最終訪問日 12.08.25][04.5.29]
2012年 おでかけ時



2004年 おでかけ時
昭和37年まで甲府駅前から鰍沢町青柳までの20.3kmの区間で運転されていた、通称ボロ電が展示されています
利根川沿いに横長い公園です。散歩している人をよく見かけました。お散歩コースに最適ってことかな
かわいいかえるの水飲み場と足も洗える(?)大きな水道があります


この大きな遊具が目玉です。まるで象の角のような滑り台が特徴的
かわいいハンドル付き♪ひょっとして、コンセプトはブルドーザー?
回せば回すほど早く回転する新幹線型遊具。気持ち悪くなっちゃった
ちょっと広い間隔が楽しいぴょンぴょン杭(おおざる命名)。砂で滑りやすいので気をつけてネ


オーソドックスなブランコが二つと。。。
ひろ〜い砂場があります
ボロ電の横にトイレがあります
そこからしばらく歩いた離れた場所に遊具がある場所があります。これはバスケゴール


立派なアスレチックなんだけど、誰もいませんでした。下もクローバーで歩きにくいほど手入れがしてません
なぜか向き合ったウサギと亀のバネ式乗り物。まぁ、向き合っているほうが楽しいかもね
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO