箱根園水族館 Official HP
POINT!箱根で子どもが喜ぶ数少ない施設の一つ。雨でもOKなのが嬉しいね

箱根園水族館は元箱根から見ると北方向にあるプリンスホテルに向かいましょう。芦ノ湖湖畔にある水族館なので淡水魚だけだと思ったのですが海水魚もいます。水槽は小さいものがほとんどですが魚の種類はそれなりに多く、450種32000匹の魚を見ることができます。

一番のおすすめはアザラシの池が。小さな水族館なのに、アザラシの水槽はかな〜り大きい。というか横に長いのです。最近アザラシが通る通路がある水槽は増えましたが、これだけ広い水槽をすぅ〜と泳いでいくアザラシを見ることができるのは関東近辺にはないかも。

娘のこざるも大喜びでかなり長い時間ここで過ごしました。子どもの遊び場が少ない箱根なので、子連れには外せない遊び場です。


楽しんだ時間
10:05〜10:45の約1時間40分。アザラシショーを見てちょうど2時間くらいかな。江ノ島水族館や葛西臨海水族館のように大きな水族館ではありません。

園内の施設
園内にモーターボート、駒ケ岳ロプウェー、プール、寄木細工体験、らくやきなどがあります。

残念な点(+o+)
イベントが少ないです。子どもが喜ぶものをちょっと考えればそれだけでいいのに(*_*)。蓼科アミューズメント水族館と似た感じがするのは・・・水族館の入口以外でスタッフに会わないこと!つまり水族館として力の入れ具合が足りない気がしちゃうんですよねぇ


混雑

3度のお出かけで一番混んだのが夏休みのおでかけ。それでも動けなくなるほど混むことは全くないです。大雨を避けて遊びに来た人が大挙押し寄せましたが、それでもそんなものです。

アザラシがメチャかわいい
アザラシがいわにくっついていてかわいかった
パン工房のパンがとってもおいしかったです
バイカルアザラシショー
平日 11:00,13:00
土日祝日 11:00,13:00,15:30
海中ショー(餌やり)
平日 13:45
土日祝日 10:15,13:45
住所 足柄下郡箱根町元箱根139  
TEL 0460-3-1111
営業時間 9:00〜17:00(季節によって変動します)
入園料 大人1,300円,子供650円(HPに割引券有)
駐車場 700円(夏休みは1000円)
[最終訪問日09.08.01] [前回訪問日04.12.12,02.6.17]


箱根彫刻の森美術館
箱根小涌園ユネッサン
箱根観光船
姫の沢公園
ザ・プリンス箱根
宿泊予約はこちらから





魚類大水槽
最初に高さ7m、1,255tの大水槽が目に飛び込みます
ツバメウオ、ヨスジフエダイ、メガネモチノウオ、タカサゴ、ウメイロモドキやエイが悠々と泳いでいます
沈没船が魚の棲家になっていていい味だしてます
水槽を覗くことができる窓は凸レンズになっていて、まるで水槽の中にいるように魚を見ることができるんです



オープン水槽
マングローブが生い茂り、カラフルな魚たちを上から横から観察できるそうだけど、大水槽の横にあるのでつい目が大水槽にいっちゃうんだよねぇ〜



エイ・サメ水槽
この水族館の中ではかなり大きな水槽です
潜水艦みたいな顔をしているね。おとなしいネコザメくん
性格がおとなしいサメのトラフザメ
ツマグロ。サメぽいけどおとなしいサメなんです



ブリッジ水槽

以前来たときはタコクラゲでしたが水槽で泳いでいたのは鰯でした。展示は変わるのかな?



ペンギン水槽
キングペンギン、ジェンツーペンギン、マゼランペンギン、イワトビペンギン、ケープペンギン、マカロニペンギンがいますが、遠くて判断できません(>_<)
ガラスの傷でペンギンが立っているところは見辛いけど、泳いでいるところはが見れるのは楽しくて◎!



小さい水槽

小さな水槽がたくさんあるゾーンです
ミズクラゲ

水槽が汚れていて、ライティングもよくないのが残念
オウムガイ

熱帯域の水深150〜300 mの範囲に生息
サクラダイ

色鮮やかなサンゴの仲間イボヤギと同じ水槽なので賑やかな水槽



ニシキアナゴ・チンアナゴ

目線で見られるのでかわいさが抜群♪でもちょっとガラスが傷つきすぎかな
ヘコアユ

チンアナゴと同じ水槽で泳いでいます
カクレクマノミ

ちいさ〜いくまのみがたくさんいました



カニ水槽

タカアシガニが主役ですが、ウスメバルやケムシカジカなどもいる大きな水槽です



熱帯魚水槽1

ナンヨウツバメ(2枚目)、ニセカンランハギ(3枚目)、サラサハタ(4枚目)、ニセゴイシウツボ、ミノカサゴなど。色彩はちょっと地味かも



熱帯魚水槽2

ツノダシ(2枚目)、ハナダイ(3枚目)、ソハールサージョンフィッシュ(4枚目)、他にはチョウハン、チョウチョウオなど色鮮やかな魚たちが優雅に泳いでます。それにしても熱帯魚水槽って。。。。熱帯魚とは熱帯に棲む淡水魚のことをさすのに



ちびっこ水槽 ピラニアナッテリー ナンヨウツバメウオ ナポレオンフィッシュ ギンユゴイ

子どもや小さいおさかなさんがいる水槽です

はじめて見ました。あかちゃんピラニア

枯葉そっくりの魚

子どもはこぶがないのだ(^◇^;

南日本のタイドプールでよく見つけることができるおさかなさん







古代スギの池周辺

古代スギの池
池には鯉がいます
カモも待ってます
これが3000年前の古代杉



淡水館へ 館内へ オオサンショウオ ニジマス

外通路を挟んで反対側が淡水館

淡水館内の雰囲気です

どこにいるかわかりますか?

ニジマスも外来魚!



ヤマメ イワナ ブラウントラフト

上から覗けるため?水面が低い

小さい水槽にたくさん入れすぎ

日本に持ち込まれた外来種のひとつ。かなり大きいマスの仲間です



アブラハヤ
オイカワ・カジカ
ウグイ
スジエビ



オヤニラミ
ヤリタナゴ
イバラトミヨ・ドジョウ
ギギ



ハーフオレンジ・レインボウ
モトロ
スエアエノクロミス フライエリィ
イェンツユイ
オーストラリアの魚。オレンジがとってもきれいですが、繁殖期になると雄は更に美しくなるそうです
アマゾン川にいる淡水エイ「モトロ」という魚です。気味悪いオレンジ色の斑紋ですね
アフリカの魚。メタリックブルーが格好いいですね。口で卵を育てるマウスブリーダーです
中国の魚。大きな背びれがものすごく特徴的。でも大きくなると背びれが小さくなっちゃうそうです



館内
ネオンテトラ
ポリプテルス オルナティピンニス
テキサスシクリッド
このゾーンの雰囲気はこんな感じ
アマゾン川の魚。おなじみですよね♪カラシンの仲間で小型のものをテトラって呼ぶんだって
ハイギョ。生きた化石といわれています。写真の右はハイギョが呼吸する瞬間です
メキシコの魚。メタリックの体と斑紋が特徴



ブラインドケーブテトラ
洞窟のようになっている通路にはメキシコの洞窟を流れる川に棲む目が退化した魚を展示しています。目の痕跡がちょっと気味悪い



海水魚と淡水魚
レッドフックメティニス
スポテッド・ガー
ノーザンパラムンディ
残念ながら公開直前でした
最大の特徴は尻びれが大きく伸びフック状になり、そこが真っ赤に染まる事だそうです
吻がとっても特徴がありますよね。調べたら簡単に飼えるけど3ヶ月で30cmになったとか・・・
ニューギニアとオーストラリアに棲むアジアアロワナに似たおさかなさん



デンキウナギ
ピラニア ナッテリィ
アカハライモリ
アホロートル
特に実験はないのが残念。というよりアザラシ以外はこの水族館にイベントがないんです。。。
実際には臆病で泳いでいる人を襲うことはないそうです
腹部の赤さが名前の由来。ペットとして人気が高いそうです
ウーパールーパー(商品名)といったほうがわかるかな?



アマゾン川

シルバーバルブス(2枚目)、フラミンゴシクリッド(3枚目)、アイスポッドシクリッド(4枚目)などが泳いでいました



コイ
カモ
ショップ
鯉・・・こういう水槽はなしでしょう
水鳥のいる水槽。すっごい地味。まぁカモの足は確かにかわいいけど。。。
最後の水槽の前にショップがあります



世界の大きな魚たち
アリゲーターガーとピラルク
レッドテールキャットフィッシュ
ピラルク
ピラルクなど大きな魚がいます
こっちに泳いでくるのがピラルク。横切っているのがアリゲーターガー
ひらめ顔の「レッドテールキャットフィッシュ」愛嬌ありますね
よく知られるピラルクはこんなに大きくなるそうだ








上からだと広すぎてあざらしだがなんだかわからない。。。ここはイベント時以外は来てもあまり面白くありません



池の下は広い空間があり、ゆっくりアザラシを眺めることができます♪また小さな水槽にはカメがいました
後ろを泳いでいるのはウィンナーみたいなのがアザラシなのだ(^o^)
おぼれているのではなく、わざわざここに来て体をねじいれたのです。5分くらいこの姿勢でした
グルグル回るアザラシをずっと見ていても飽きません。なぜだろう?



クサガメ ジーベンロックナガクビガメ ニホンスッポン マタマタ

個体数が激減しているカメ

ニューギニアのナガクビガメ

高級食材ですが獰猛で危険なカメ

枯れ葉のような甲羅がすごい



スッポンモドキ フロリダアカハラガメ カミツキガメ ワニガメ

別名ブタバナガメ

アカウミガメに似てます

臆病で攻撃的なのは水の中だけ

ガメラのモデル。すごい口(*_*)









タコクラゲ
サメの卵
カマキリ



サケビクニン
ウィーディーシードラゴン
サンタエビ



エンゼルフィッシュ
フロリダアカハラガメ
サイエノクロミスアーリー







ここは水族館だけでなく、プリンスホテル、ショップ、ロープウェー、ゴルフ場などが集まっているのです
水族館内のショップ。ここまでは水族館に入館しなくてもOK
けっこう広いゲームセンターがありました
お土産はかなり幅広い種類が。というよりポリシーがないほど多種多様
私たちはオキナワランドで食事をしました。つけめん沖縄そば(880円)
ナンカレー(850円)
評判が高いプリンスホテルのパンを食べることができます
こんなにおみやげのパンを買っちゃいました。生キャラメルパン160円、マンゴパン190円。プチメロンパン90円など
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO