奥飛騨クマ牧場

日本にいくつもあるクマ牧場の一つです。奥飛騨クマ牧場にいるクマはニホンツキノワグマ、ヒグマ、コディアックベアーの三種類ですが(HPにはアライグマがいました)、ほとんどはツキノワグマです。

「クマ牧場って何?」って思いますよね。牧場といっても「クマを育てて山に返す」なんてことはもちろんありませんし、「クマに乗れる」なんてこともありません。クマに餌をあげることとクマのショーを見ることができるところなんです。

餌やりは100円で売っている餌を買い、それをクマに投げて食べさせます。クマは慣れたもので、座って「餌をくれ」と言わんばかりに手を振るクマや、「オレにくれ!」なんて感じで立っておねだりするクマもいます。更に上手に口に向って投げれば、口でキャッチするんですよ。これがとっても可愛い!それで、ついつい餌を買って投げてしまうんですよね〜f(^^;)。ただし、口に入らなかった餌は無視するなんていう横着なクマも多いのですが。。。(^◇^;

おすすめのお出かけは時間は閉園間際より午前中。というのも、クマがお腹イッパイになって、餌をねだらなくなる可能性が高いことと、クマ牧場が餌をあげてしまって、お客さんが投げる餌に見向きもしなくなるからです。でも、これって・・・・。私たちがクマに餌をあげた時間は午後3時30分から午後4時30分。閉園は5時なのにもう餌をあげちゃうなんて!楽しさが半減しちゃいました。

私たちは北海道の登別くま牧場にお出かけしたことがあるので、そこと比較すると。。。通路からクマまでが遠く、熊の迫力が伝わってこないのがイマイチ。もっと餌やりを楽しめるように通路を工夫して欲しいですね。


お客さんは餌をあげるのが目的なのに、牧場が餌をあげたらダメ(=_=)
餌をあげた熊の子どもが可愛かった
くまが上手に玉乗りしてびっくりした
住所 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新平湯温泉
TEL 0578-9-2761
開園時間 8:00〜17:00(8月18:00,冬季16:30閉園)
入場料 大人1,000円 , 3歳〜中学生500円
休園日 無休
駐車場 無料
[最終訪問日 06.10.07]


かなり広い駐車場
入り口になっている、森の物産館。中はほとんどおみやげ屋さんで、クマに会うには右奥に見える場所まで歩きます
ヒグマ、ツキノワグマ、シロクマの剥製が展示されていました。ロープより中に入ってはいけないと思うけど無防備(^^ゞ
クマって「ぬいぐるみ」と「本物」のギャップが一番ある動物だと思う

屋根があるのですが、100mくらいないところがあるんです。そこもつなげて!
コグマと触れ合える場所は通路に屋根がない場所。抱っこできるこぐまは二頭いるのですが、この日は「一飛」くんでした。ポラロイドは1000円。キーホルダーは1500円です

寂れた雰囲気が漂っている。。。
餌をあげにくいのは、クマがいる場所を通路が囲うようになってないから(>_<)
一番初めのクマゾーンがクマに一番近くて楽しい
餌をおねだりするために立つクマもいるんですよ

ヒグマも何匹かいます。ツキノワグマに比べてヒグマは一まわりも二まわりも大きい
一番広いゾーンにいるクマは私達に見向きもしませんでした。理由はクマ牧場が夜の餌をあげたから!お客さんがまだまだいるのに失礼だぞ!

くまさんの学習発表会 9:30,11:00,13:30,15:30
所要時間約20分のくまさんショーです。芸は玉乗り、自転車乗り、逆立ち、輪投げ、バスケット、ブランコ、算数のお勉強です。おじいさんとくまのコンビのとってもゆっくりショーは速さに慣れた若者はちょっとイジイジしちゃうかも。でも、スピード感はないけど芸はなかなかたいしたもん

森の物産館はぬいぐるみが充実
ここのおすすめは肌がすべすべになる熊油と熊パワーが入った熊力ドリンク
さるぼぼのおやつ。娘が絵がかわいくて気に入ったお菓子。さるぼぼって高山土産の定番らしいです
木彫りの熊もありますよ〜(^◇^;
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO