東尋坊タワー Official HP


本場の松葉ガニを食べたくて真冬の福井県に1泊2日でおでかけしました。

初日は越前松島水族館にお出かけし、二日目は。。。TVドラマでも使われる名所「東尋坊」にお出かけすることにしました。

で、調べてみると東尋坊には東尋坊タワーという展望台もあるし、観光船もありました。これは、「二日目のおでかけとしてまぁまぁ」。ということで、スケジュール決定!


駐車場

無料大駐車場があります。ここから東尋坊タワーまで約150m。東尋坊までは400m弱です。東尋坊タワーに駐車場がありますが、500円の有料だし、そこから東尋坊まで300m弱あるので、わざわざお金を出す必要もないと思います。


東尋坊タワー

東尋坊の約100m手前にある高さ55mタワー。高さはないけど、絶壁に近いため見晴らしはすこぶるいいです。

でも、肝心の東尋坊は見えないし、頭でっかちな構造なため、強風にあおられるとメチャメチャ恐怖を感じるのは困りもの(^^ゞ


東尋坊

断崖絶壁で有名ですね。自殺の名所という悪いイメージもあるのですが。。。。

冬の日本海は荒れると知識はあったのですが、実際に体験すると半端じゃありませんでした。とても景色を楽しむ余裕なんてありません。しかも写真を撮ろうにも波しぶきでカメラはビショビショになってしまう始末。ここは冬に来るところではありませんねぇ〜

結局自分の目ではほとんど確認できなかったで、東尋坊の名所をいろいろ調べて写真を見たのですが・・・断崖絶壁の規模は和歌山の三段壁の方が上かな〜(三段壁レポ)


観光船

東尋坊を満喫するなら観光船に乗って、海から断崖絶壁を見なきゃ!。。。。と思ったのですが、冬は風が強い日が多く、運航率はとっても低いそうです。松葉ガニと東尋坊の両方一気に楽しむのはかなり運がよくなきゃダメかも(東尋坊観光遊覧船HP)


民宿

そうそう、とっても美味しい松葉ガニのお宿はこちら→料理民宿いそや。リーズナブルなお値段で、松葉ガニづくしを食べることができますよ〜


お食事

宮内庁御用達で「ぴったんこカン☆カン」や「もしもツアーズ」で紹介された「やまに水産」があるのですが、お値段もよく。。。。(^^ゞ。私たちは東尋坊からちょっと離れた鮮魚食事処はまさかでお昼ご飯にしました。ここも評判のいいお店なんです。

東尋坊観光遊覧船(11年3月確認)
海上の起床状況により運行時間変更あり
通常運行時間 8:00〜17:00
冬季運行期間 11月20日〜3月20日
冬季運行時間 8:30〜15:30
TEL 0776-81-3808
乗船料金 大人  1,200円
小学生  600円
東尋坊観光遊覧船(11年3月確認)
海上の起床状況により運行時間変更あり
サンセットクルーズ 大人2,000円,小学生1,000円
5月上旬 17:40 下旬18:00 8月上旬 18:00 下旬17:30
6月上旬 18:00 下旬18:20 9月上旬 17:20 下旬16:40
7月上旬 18:20 下旬18:00 10月上旬 16:30 下旬16:00
東尋坊タワー
住所 福井県坂井市三国町東尋坊
TEL 0776-81-3700
営業時間 夏季 8:30〜17:30
冬季 9:00〜17:00
入場料 大人:500円,小学生以下:300円
駐車場 500円
[最終訪問日 10.12.27]



写真 1 道路分岐点

写真 2 無料駐車場





東尋坊タワー 商店街を抜けて東尋坊タワーへ向かいました 展望台カウンター
昭和39年建設。地上55mの展望台はなんと個人所有なんです(@_@)。直下の駐車場は500円
エレベーター嬢はいません。操作は自分で♪ ゲームコーナー




おみやげコーナー 福井の地酒を売っていました 喫茶コーナー。2階にレストランもあります




展望台内と眺望。東尋坊タワーなのに町並みで名所の東尋坊がほとんど見えないのは笑えます(^◇^)




赤い橋で結ばれる雄島が遠くに見えました。それにしても、ものすごい波ですよね




有料の風水占い 古っぽいけどソファーを用意 ただの看板ではなく、実は下にあるレストランへの階段封鎖に使われているのです




写真 左

観音像は先代の東尋坊タワー会長の創業者、丹羽義雄様が亡くなられた方々のご冥福をお祈りするために東尋坊が一望できるここ展望台に仏様を安置したそうです。



写真 右

布袋さんの頭を2人で撫でると幸せになれるという縁結びの神様になっているそうです。その割にはありがたみがない置き方なんですけど







東西南北のパノラマ写真  でもどの写真がどの方向か分からないm(__)m 
















東尋坊 Official HP
東尋坊商店街MAP。東尋坊タワーにある東尋坊全体MAPの赤い線で囲まれたエリアがこのMAPです♪


一番多いショップはやっぱり松葉ガニ 松葉ガニシーズンだけど平日なので人通りは少ない 東尋坊が見えてきました




東尋坊到着! 広場。見学用スペースかな? ものすごい風の中岩場に向かいました(*_*)




東尋坊の案内板近くで撮影したパノラマ写真です




広い先端が本来遊覧船乗り場。その先がライオン岩 屏風岩などがあるはずだけどなんだかわからない 遊覧船が停泊できる状態ではない(@_@)




凄まじい風なので、ここまで来る人は数える程 決死の覚悟で先端に向かうこざる(@_@;) ここが限界でした。気を抜くと飛ばされそう




先端から広場を望む 本来遊覧船乗り場。冬は危険すぎます




岩場の先端で撮影したパノラマ写真です。多分左前がライオン岩、左のほうにあるのが屏風岩なんだろうな〜








雄島
約1200年前に噴出した輝石安山岩による島。島の周り はすべて岸壁からなり、周囲2km、標高27m の無人島。 島の散策は約1kmの遊歩道が整備され、暖帯性の原生林の 中を30分程で歩ける。

東尋坊で自殺した死体が流れ着くともいわれているそうです・・・・



私たちがおでかけした日はものすごい風が吹いていたため、激しい波しぶきが橋の上まで来ていました。というわけで、残念ですが島を探検に行けませんでした(ーー;)

そうそう、そんな状況の中2人の若い男性が渡って帰ってきました。でもビショビショになっていました〜(^^ゞ。冬は風が強いので、なかなか渡れる日はないのかもしれませんね〜


真っ赤な橋がインパクトがありますね 波が橋の上まで来ることも 両側から波が押し寄せるのでとっても危険








越前松島・・・・の近くの駐車場
手前に広い駐車場があります

越前松島とは?

東北の松島に似た景観。 宮城の松島に似て柱状節理の小島と松が美しい所から「越前松島」と呼ばれている。 海食景観のすぐれた景勝地。弁慶の抜穴。



この駐車場周辺に遊歩道があり、越前松島まで歩いて逝けます。地図で確認すると300m程かな。

方向的には写真の右上に歩いて行くという感じです。
私たちがお出かけした12月はものすごい冷たくて強い風が吹いたので行くのを断念しました(-_-;)

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO